どんな物事にでも、分かれ目というものは存在する。
分かれ目が来るたびに、僕は立ち止まって迷う。
最近、この時間がすごくもったいないと思うようになった。
迷わず突き進められれば、今頃もっと先まで行けているのに。