何の変哲もない、何の価値もない、ただの石。
でも私は、たとえ全てを失っても、この石を手放すことはない。
この石は、私の一番大切な人の忘れ形見。
あの人との思い出、絆は、何物にも代えがたい価値がある。