一位と二位の差が大きい。
一位を狙うのは無理かもしれないが、二位なら獲れるかもしれない。
その瞬間、僕は頂に立つことを諦めた。
でもその妥協が二位すら獲れなかったことは、言うまでもない。