ある科学者が、絆創膏の代わりに傷自体を治す人工細胞を開発した。
傷口で細胞が増殖し傷を塞ぐということでそれは一気に普及した。
しかし、一番それを利用している層は、女子学生だった。
メイクの代わりに、顔のニキビなどを隠すことにも使えたからだ。