赤の他人だった僕たちが、実は赤い糸で結ばれていた。
やがて赤ちゃんが生まれて、僕たちの絆はより太くなった。
僕にとっては昔から赤がラッキーカラーだったけど。
こう考えたら、誰にとっても赤は幸運の色なのかもしれない。