自分の歩みたかった人生や、なりたかった自分。
それらを全て、自分の作る映画に込めた。
でも、私の心が満たされることは、決してなかった。
映画を作れば作るほど、今の自分が理想から離れていることに、絶望してしまう。