どうやら彼は、人望がないことに気づいていないらしい。
だから嫌われていても構わず、みんなに話しかける。
話せば話すほどみんなの好感度は下がるが、彼は気にしていない。
分け隔てなく誰にでも話しかけるという意味では、尊敬に値するかもしれない。