自分に料理の才能がないことは、よく分かっていた。
それでも私は、料理人になりたかった。
だから全国を駆け回り、専属の料理人になれる場所を探し求めた。
そしてついに、味覚が残念なお金持ちを見つけることができた。