いつも買い物に来てくれる子がいる。
でもなかなか思いを打ち明ける勇気が出なかった。
控えめな僕にできたのは、レシートの裏に思いを綴ること。
気付いてくれるかどうかは、彼女次第だ。