彼の家には、蝋人形が何体もある。
彼にとっては、蝋人形が友達であり、家族でもあるようだ。
彼は昔から、人と話すのが極端に苦手だった。
だから一言も話さない相手でも、友達としては十分なのだろう。