僕の未来には、七つの道が用意されていた。
どの道を選んでも、華やかな世界に生きることになる。
輝かしい前途って、普通は思うべきなのだろうけど。
たとえ灰色でも、一色の方が迷わずに済むのに。