「大丈夫。何があっても必ず帰って来るよ」
「はい。信じています」
あの約束からもう、二十年以上が経った。
今も私は、首を長くして彼の帰りを待っている。