「お前は切り札だ。だから絶対、敵にその存在を知られるなよ」
その言葉に応える為に、僕は誰も知らないところで、密かに力を蓄えた。
いつ出番が来ても良いように、緊張感を途切れさせることなく。
緊張の糸が切れたのは、争いが全て集結したと聞かされた時だった。