身体のことも顧みず、好きなことを好きなだけやって走り抜けてきた。
もうやり残したことがないから、今ここで死ぬのも、悔いはない。
それでも、あえて最期に何か望むのであれば。
一番好きなワインをもう一口だけ飲めれば、心置きなく逝ける。