この町の人たちは、誰もが干渉好きで世話焼きだけど、みんな優しい。
この町にいれば、孤独を感じることなんて、普通はないんだろう。
私だけが、誰とも関わり合うことができずに、孤独な毎日を送っている。
みんなの優しさから逃げるように、日陰へ日陰へと隠れているから。