全てを奪われた男と、全てを与えられた女。
二人の出会いは、ある意味必然だったのだと思う。
短所しかなくても、長所しかなくても、人間としては不完全だ。
その不完全さを埋める為に、彼らは手を取り合ったのだ。