僕はずっと、自由奔放と無法を混同し、周りの人に迷惑ばかりかけていた。
ある日、一人の先生と出会い、僕はその人から、ルールの守り方を教わった。
やってみて分かったことは、物事には制限があった方が面白いということだ。
今では、決められたルールの中で自由奔放に振る舞うのが楽しくてしかたない。