僕は右利きだけど、左でも右と同じことはできる。
そうなるように、日頃から訓練を重ねていたからだ。
だから、いつ利き腕を失うことになっても大丈夫だと確信していた。
それがまさか、両腕を同時に失うことになるとは。