どれだけ数を量産できたかという記録は、いろいろある。
私も一時期は、そういったものに積極的に挑戦していた。
でも、段々と虚しくなった。
人工知能に量産勝負を挑んでも、勝つことはできないから。