面倒を減らすコツは、最初の一回で圧倒的な力量差を見せつけておくことだ。
絶対に勝てないと思い込ませられれば、再選を申し込まれることはない。
私はそうやって、最小の回数でチャンピオンの座を守ってきた。
同じ相手と二回以上勝負をしたことは、一度もない。