道草を食うという発想が、あいつにはないようだ。
どんなところであろうとも、一直線に突き進む。
凄いのは、それでいつも目的地に辿り着けてしまうことだ。
どんな障害だろうと、あいつの行く手を阻むことはできない。