相手に裏をかかれたら、そのまた裏をかいてやれば良い。
しかし裏の裏ってのは、結局のところ表なわけだ。
だったら最初から、小細工などせず正面からぶつかった方が良いんじゃないか。
そう思って、私はいつでも、正攻法の真っ向勝負しかしないことにしている。