私のあの人への思いは無限大だ。
どんな箱にだって、収まるものではない。
そのはずなのに、言葉で綴ると、一メガバイトにも満たない。
私の思いなんて、本当はそんな程度でしかないのだろうか。