何かに守られていないと、私は怖くて何もできない。
何をするにも、まず自分の外堀を埋めてからでないと、打って出られない。
髪を守るキューティクルのようなもの。
何にも守られていないと、途端に私は、傷だらけになってしまうのだ。