彼は、どんな相手だろうと見下してかかる。
客観的に見て格上の相手だろうと、自分を下に置くことはない。
でも、それが彼の信条であり、彼流の勝ち方なのだ。
獅子は兎を倒すのに全力を尽くすという概念が、彼を支えている。