お城に済んでいるお姫様は、誰もが認めるほどの絶世の美人でした。
でも町民は誰一人として、彼女の美貌を羨ましいとは思いませんでした。
実は彼女の正体は魔女で、魔法の力で自分を美しく見せていたからです。
町民も全員魔法が使えるので、誰もが絶世の美人になることが可能でした。