誰にでも、忘れたいことの一つや二つくらいはあるだろう。
僕にだって、忘れたいことはたくさんある。
でも、そういう記憶は、絶対に消えないものなのだ。
そもそも消えていれば、忘れたいと思うことすらなくなるのだから。