雑草という名前の草がないように。
通行人Aにも名前があるように。
私にだって、私という存在意義があるのだ。
たとえ誰からも認識されることがなかったとしても。