私が作品を世に発表するのは、もちろんお金の為でもある。
でも結局のところは、メッセージを発信したいだけなのだ。
その一言の為に、私は何作も、時間をかけて作り続けている。
すなわち「私はここにいる」と。