勝負を面白くするには、実力を対等に近づけることが必要だ。
だから、これくらいのハンデがあって、ちょうど良い。
これでもまだ、若干私の方が有利なくらいだ。
後ろで手首を縛られたくらいで、易々と負ける私ではない。