あの人の選択は、間違いなく間違えていた。
でも、残念ながらその間違いは、正しかったのだ。
二人が結ばれるには、過ちを犯すしかなかったから。
そしてその過ちが、世界の為でもあったのだから。