今夜はやけに冷えるなと思ったら、吐息に白が混ざり始めた。
もうそろそろ、冬も近いということだろう。
そんなことを思っていたら、次の日、山の頭に白が混ざっていた。
冬はこうやって少しずつ、世界を白一色に染め上げて行くのだ。