今の穏やかな日々は嫌いではないが、退屈はしていた。
事件の一つでも起きれば良いのに、という気持ちが全くないわけではない。
しかし本当に事件が起きたら、全力で関係ないフリをすることも目に見えている。
起きないからいっちょまえに起きろと思う、それもまた内弁慶というやつなのだ。