子供の頃に一度くらいは、雲や虹に乗りたいという空想を抱いたことだろう。
確かに昔は、それは可愛らしい空想でしかなかった。
でも今では、雲の上にも虹の上にも当たり前のように乗れる。
むしろ乗れない人の方が、周りから変な目で見られるくらいだ。