我々は紛れもなく、戦争の道具である。
町を、都市を、国を破壊し、多くの人々の命を奪う。
その事実を否定するつもりはないが、忘れないでほしい。
戦争以外にだって、我々の使い道はあるということを。