偶然というのは、必然の対義語ではない。
この世の全ては必然で、偶然は印象の違いというだけ。
だから運の悪い偶然などというものは存在しないのだ。
僕が犬の糞を踏んでしまったのも、起こるべくして起こったのだ。