一芸に特化するか、幅広くいろんな特技を身につけるか。
そのどちらを目指すかで、若者はずっと悩んでいた。
最終的に彼が選んだ結論は、どちらでもなかった。
彼は、一芸に特化した者達をプロデュースする道を選んだ。