人は一人では生きていけない、そんなことは十分に分かっている。
それでも僕は、一人で生きて行く道を選んだ。
この選択が間違いだったなんて、これっぽっちも思っていない。
どんな生き方をしようと、死ぬまでは生きられるわけだから。