僕は、自分の作った料理が世界で一番美味しいと思っている。
別に誰よりも料理が得意だとか、そういうことではない。
自分の味覚のことは、自分が誰よりも理解しているだけだ。
だから、自分の舌に合う料理は、自分自身が一番上手に作れる。