生命時計という、残りの寿命が分かる時計を手に入れた。
それによると、僕の残りの寿命はあとちょうど一年らしい。
それに逆らおうと、あえて自殺なんかも試してみたけど無駄だった。
どうやっても僕は、あと一年は生き続けないといけないらしい。