どうにも私の出す意見というのは、的が外れているらしい。
いっぱい意見は出すのだけど、採用されたためしがない。
だから私は、仕事を辞めて小説を書くようになった。
ここなら、どんなにズレた意見でも、好きに主張できる。