随分と走ったつもりなのに、全然進んでいなかった。
もう体力も限界に近いと言うのに、いったいなぜだ。
彼はそんなことばかり考えていて、気づいていなかった。
同じところをずっとぐるぐる回っていただけだということに。