彼は、生きる為なら文字通りにどんなことでもした。
泥水をすすることだって、何のためらいもなくやった。
そんな彼だから、その間際も必死に抵抗していたに違いない。
傍目には分からなかったけど、天からの迎えと戦っていたはずだ。