終わってみれば、今回もたいした事件ではなかった。
不可解なものなど一つもない、普通の事件だった。
たぶん、本当は、いつだってそうなのだろう。
捜査をかく乱するのは、私たち自身の思考なのだ。