この漫画、中盤は何も起こらないけど、最後の一ページで必ず事件が起きる。
その事件の詳細が気になって、つい次の巻にも手が伸びてしまう。
読者はみんな、その一ページの劇的さが気に入っているのだと思われる。
ただ、最後の一ページ以外がほとんどつまらないのも、その作品の特徴だ。