今まで僕は、何度も絶体絶命のピンチに陥ってきた。
でもギリギリのところで、どうにかそのピンチを脱してきた。
しかし今回はさすがに、まず間違いなく死は免れないだろう。
だからこれは、絶体絶命ではなく、絶対絶命の状況と言える。