世間では、我々のタッグは史上最強なんて言われていた。
でも我々自身は、そんなことは微塵も思っていなかった。
史上最強なんて肩書き、邪魔で仕方ない。
誰が相手でも負けるつもりがないことには、変わりないが。