私は、造語を作るのが趣味である。
日々、喋りやすく耳心地が良い造語を考えている。
しかしなかなか世間に浸透することなく、単語だけ増えていった。
気がつけば造語ではなく、一つの言語として成り立っていた。