私たちは、縦横無尽に駆け回り、各家庭を回っている。
それも三百六十五日、休むことなく。
私たちが休んでしまったら、おそらくみんな困るだろう。
どの家庭でも、水が必要でないことなどないのだから。