戦争すら霞んで見える生存競争の果てに、それはある。
空洞の奥に潜む、次世代へとつながる宿り木。
その宿り木を目指して、我らは進む。
決して後戻りのできない、薔薇とも荊ともつかない道のりを。